【情報操作】インチキコロナ騒動はインフル接種から始まってるのにコロ脳だけでなく反ワクも理解できず!

日本の超過死亡数のグラフ2022年12月まで ホテル

インチキコロナ騒動は反ワクまで効果があり、副作用が少ないと思っているインフル接種から始まってるのにコロ脳だけでなく反ワクも未だに理解できず絶句するしかない。

インチキコロナ騒動はインフル接種から始まってるのにコロ脳だけでなく反ワクも理解できず!

インチキコロナ騒動前にインフル接種を打ちまくってた人が日本に5千万人もいたことにも絶句する。何十年も前にインフル接種は効果がなく副作用があることは検証済みだから、いかに日本人にインチキコロナ騒動前から平和ボケ(コロ脳やワク信)が多かったかを証明している。

日本の死者数の増減や超過死亡数のグラフ2022年12月まで

日本の死者数の増減や超過死亡数のグラフ2022年12月まで

コロナ風邪のバカチン接種だけでなくインフル接種も効果がなく副作用が危険なのにコロ脳だけでなく反ワクまでだまされて医者にバカにされてることに未だに気づかないなんて絶句する。コロナ風邪の接種を批判してもインフル接種を批判しない反ワク(製薬利権)の医者がいるのは未来の新しい接種でまた新たなインチキコロナ騒動を起こすためだ。

製薬会社、コロナ後模索 ワクチンや治療薬の需要鈍化で:時事ドットコム
【ニューヨーク時事】新型コロナウイルスの流行が落ち着きを見せる中、今年はワクチンや治療薬など関連医薬品の売り上げが大きく減る見通しだ。コロナ禍で業績を急拡大させた製薬各社は、次の主力製品を模索している。

「このため、各社は次の収益の柱を見つけようと躍起だ。モデルナは、肺炎などを引き起こすRSウイルス感染症やインフルエンザのワクチンの開発を進めている。」

22年の死亡158万人超、戦後最多 コロナ余波も(写真=共同) - 日本経済新聞
厚生労働省が28日に公表した人口動態統計(速報)では、2022年の国内の死亡数、前年比の死亡増加数ともに戦後最多となった。新型コロナウイルスによる死亡に加え、心不全などで亡くなる高齢者が急増している。22年の国内の死亡数は158万2033人で、前年より12万9744人(8.9%)増えた。22年初めの第6波以降、新型コロ...

「厚労省の集計では22年にコロナ死亡の報告数は約3万9千人で、前年(約1万5千人)より約2万4千人増えた。」

反ワクですらインフル接種の逆効果を理解していないから、製薬会社は新しいインフル接種の開発に必死だ。コロナ風邪の2022年の死者数が約3万9千人、インフルエンザの死者は毎年約1万人(2019年まで)らしいが、そのうち接種者が何人いたのかも知らないくせに反ワクまでバカチン接種の副作用がインフル接種の何倍なんていうウソを流すな。

「インフルエンザワクチンは無効であることが判明し、センセーショナルなニュースになりました。これは動物実験で癌を引き起こすことが後に知られました。ちなみにこの後、ベトナム戦争が激化」

コロナ風邪のバカチン接種や高い新薬が大失敗に終わったから、いろんな事件や災害を起こして隠蔽に大忙しだが、インフル接種の副作用も必死に隠蔽したようだ。ネットが発達してなかったから、ごまかせただけなのに未だにバカチン接種のウソを一応理解した反ワクまでだまされるなんて絶句する。

インチキコロナ騒動は3年以上も経つのに未だにコロ脳が多い悲惨な日本!

【画像あり】関西人「オチの無い話すんな、面白くない」 : 暇人\(^o^)/速報
1: それでも動く名無し 2023/02/16(木) 06:55:42.66 ID:e2nqE4EtM  関西出身ではないあなたへ。「この兜の名前知ってる?」「うさぎのいる所を左に曲がって」と正しい関西弁アクセントで話せますか?▶エセ関西弁、なぜバレる(謎解きクルーズ)

「オチは要らんけど話のテーマは欲しいやろ、どっちかというと話のヤマやな」

有名人のツイートにコロ脳やワク信がゴキブリのように群がって未だにコロ脳やワク信が多くて絶句した。反ワクの文章はわかりやすかったが、欠席理由がまじめすぎていただけない。関西人は他地域のおもんない会話にオチなんて求めていないが、時間を無駄にしてこれだけわざわざ長文を書くなら皮肉くらいは必要だ。

「東京人「昨日イオン行ったんですよ」ワイ「ええやん、それで?」東京人「」ワイ「?」」

ちなみに関西人でも女性はこういう会話をしてくる人が多いが、関西人にとっては時間の無駄でしかない。Twitterで絡んでくるコロ脳やワク信がたくさんいるが、反論して他人の時間を無駄にするならせめて自分が主張する根拠となる資料くらい添付しろ。インチキコロナ騒動がもう3年以上も経つのにこんなことすら未だにできない。



コメント

タイトルとURLをコピーしました