【停電】痛い承認欲求Twitter民のせいでベトナムのニャギだけでなくラオスのハンノイもスレて終わりかけ?

ラオスのビエンチャンのハンノイへの道 アンへレス

痛い承認欲求Twitter民のせいで外国人観光客が急増し、手入れが頻発し、料金が上がってるだけでなくかわいい子が激減している。ベトナムのニャギだけでなくラオスのハンノイもスレてオワコンへまっしぐらか?

痛い承認欲求Twitter民のせいでベトナムのニャギだけでなくラオスのハンノイもスレて終わりかけ?

ハノイ市人民委員会、2023年の売春撲滅計画を発表|ポステ
ハノイ市人民委員会は2023年の売春防止・撲滅計画を発表し、同市内における売春取締りの強化を行うことを明らかにした。同計画ではハノイ市内の売春活性エリアを解消し、新たな売春活性エリアを作らないことを目標としている。

勝手に情報を送ってくれる現地調査員からもベトナムのニャギだけでなくラオスのハンノイでも手入れが頻発し、かわいい子が激減しているようだ。インチキコロナ騒動前と比べるとあまりにも違うから絶句する。

【緊急2023年】ビエンチャンの他のハンノイも手入れ!止まらない承認欲求! : 世界の町へ(アジアの町へ)
【大迷惑】客は神様じゃないからヤバいマスク警察や承認欲求Twitter民の営業妨害には厳しい対応が必要!
客は神様じゃないし、妄想野郎は常識が理解できないから、ヤバいマスク警察コロ脳や承認欲求Twitter民の営業妨害には厳しい対応が必要だ。

痛い承認欲求Twitter民など態度が悪い外国人観光客が急増してるから、スレてる子が急増して当然だ。ラオスのビエンチャンはスレていないことが売りだったのにハンノイでビール1本を飲む前にショーカウとうるさく言ってくるハンノイが増えた。なんやこれ。

それだけでもドン引きするのに近くにいた日本人の汚いおっさんはハンノイで隣にすら座ってもらえずオワコンのパタヤのバービアみたいに向かいに座られていた。隣に座ると触られるから嫌なのだ。隣に座るのすら拒否する子はどこでも最初から断った方が良い。

そのおっさんがカンクンガーと言ってたはずなのにショーカウしか受け入れてもらえなかったようだ。ドーソンと違って拒否されることが少ないことが売りのビエンチャンだが、必要最低限の身だしなみやダイエットは必要だ。

【悲惨】知能が低いコロ脳やワク信が打ちまくるのを止めたら日本の死者数が減り始める!
知能が低いコロ脳やワク信が打ちまくるのを止めたら日本の死者数や超過死亡が見事に減り始めた。反ワクを批判しまくってたくせにチキって止めてしまった。

ラオスでもベトナムでもかわいい子がカラオケにどんどん取られているが、ここまで変わるもんか?未だにコロナ風邪が怖いコロ脳もいるだろうが、ここまでかわいい子が減っているのは手入れが頻発しているせいで1箇所に長くとどまれなくなったのか?

スレ対策でベトナムのドーソン以外では質問した方が良い?

ベトナムのドーソンでは質問なんてできるような雰囲気ではないが、ベトナムやラオスの他の場所では1,2個くらいは質問できるような雰囲気だから質問をした方が良い。質問に答えない子はほっといたら良いし、愛想の良さもわかる。

良い子に巡り会ってネットでガチなんとかガーと騒いでるが、東南アジアのガチなんとかはヤバいからすぐにわかる。かまれたり、吸われたり、ひっかかれたりして体にあざや傷が残るからだ。爪が長い子が握って爪を立てたら恐怖でしかない。さらに遅くなって相手にとっては願ったり叶ったりだが、こっちはたまったもんじゃない。

背中側につくあざや傷がまだ良いが胸側のあざや傷は目立つから本当に止めてほしい。フィリピンやタイだけでなくラオスやベトナムでもこういう子がいるもんだ。バーやハンノイでしつこく営業活動をされた時はあざや傷を見せて彼女ガーと言ったら笑ってわかってくれる。

【危険】雨季のラオスのビエンチャンは交通事故がさらに危険だからおいしい食べ物を探して停泊!
雨季のラオスのビエンチャンは交通事故がさらに危険だから、おいしいレストランや食堂、楽しいハンノイを探して停泊するのが安全だ。
ハノイやホーチミンで相次ぐ停電、生活やビジネスに支障|ポステ
ハノイ市やホーチミン市、バクザン省で停電が相次ぎ、先週の数日間は日常生活やビジネス、生産活動が混乱する事態が発生した。ホーチミン市ゴーバップ区にあるカフェのオーナーによると、18日は長時間の停電が発生し、半日にわたって閉店せざるを得ない状況となった。

「12日時点で合計13の大型水力発電所の貯水量が枯渇状態になったか、枯渇しつつあることを明らかにした。長引く猛暑によってピーク時の電力使用量が急激に増加し、17日の電力消費量は8530万kWhを超え、今年に入ってから最も高い水準に達した。」

ベトナム北部と中部、電力不足で都市部から明かりが消える|ポステ
ハノイ市とハイフォン市、ダナン市では電力不足を原因とした節電策が実施され、街灯の大半が通常より遅く点灯か消灯されたままの状態となり、普段よりも薄暗い景観となっている。

雨季の大雨や酷暑だけでなくハノイやホーチミン周辺では停電が頻発しているから、旅行の計画を気をつけた方が良い。酷暑で停電になれば扇風機すら使えないから、暑くて寝れないし、扇風機がないと蚊が厄介だ。ハノイ周辺などでは計画停電でほぼ毎日停電があり、食堂やスーパーなども営業していないことがあるから、こういう生活に慣れてない人は来ない方が良いカモ。酷暑の停電で扇風機や冷房がなかったら暑すぎてソクソクどころじゃない。



コメント

タイトルとURLをコピーしました