フィリピンでバイクの警官に接触したジプニー運転手が撃ち殺される。

INQUIRER netによると、マニラに近いアンティポロでバイクの警官に接触したジプニー運転手が撃ち殺された模様。






接触後ジプニーを片側に寄せると同意したのにジプニー運転手がジプニーを降りた後に警官が撃ち殺したようだ。フィリピンでは警官によるまさにキ○ガイに刃物のような事件が多いから要注意だ。

居合わせた人も流れ弾でケガをしたようだ。フィリピンではトラブルが起こったらさっさと逃げた方が良い。

数年前に友人フィリピーノの友人の警官の車が道路に停車している車にぶつかったのに修理代も払わずに済んだと聞いたことがある。その警官が停車していた車の運転手にそんな場所に停めている方が悪いと言ってそれで終わらしたそうだ。

フィリピンでは日本と違って理不尽なことが多々あり、特にお金持ちや政治家、警官、役人とのトラブルは御法度だから、できるだけ関わらない方が良い。

サンキューポ









Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です